脱毛サロン 医療脱毛 メリット デメリット

脱毛サロンと医療脱毛、それぞれのメリット、デメリットについてご紹介しています。
MENU

脱毛サロンと医療脱毛のメリット、デメリット

 

暖かくなってくると肌の露出も増え、それと同時に女性はムダ毛の処理が必要になってきます。自宅で手軽に剃ることも出来ますが、剛毛になったり、肌トラブルが起きたり、毛穴が目立ったり、埋没毛になったりで綺麗に自慢できる肌へは簡単にはなりません。

 

私もそんな自宅でのムダ毛処理に悩み、脱毛を考えた1人です。

 

夏が近づいてももう怖くないっ!あっ!ムダ毛処理し忘れた…なんて恥ずかしい思いもしなくてもいい日々を夢見て脱毛についてまずは調べてみました。

 

・どこで脱毛できるのか?

まずはテレビや電車内広告でよく見る脱毛サロン、今ではかなり格安で出来るようなことを宣伝しています。大手のミュゼでは3ヶ所、しかも両脇とVライン通い放題で580円だそうです。

 

一方、医療脱毛というのも聞いたことあるのではないでしょうか?例えばアリシアクリニックは両脇5回で13750円です。この値段の差はなんでしょうか。安い方がいいに決まっていますが、それだけで決めていいのでしょうか?

 

それぞれのメリット、デメリットについて理解した上で自分にあった脱毛法で快適な夏を迎えましょう。

 

・脱毛サロンと医療脱毛の違い

まずは両者の違いですが、決定的に違うことは有資格者がいるかどうかです。有資格者とはつまり医師、看護師のことです。サロンでは資格はいりません。根本的な違いはここから発生しています。

 

有資格者がいるので使用できる機器も変わってきます。現在の日本では医師がいないサロンでは毛根を破壊する行為が禁止されています。毛根を破壊するいわゆる医療レーザー脱毛機器が使えるのが医療機関なのです。

 

一方サロンでは光脱毛機器を使用しています。フラッシュ脱毛ともいわれます。これは複数の波長を含んだ光を広範囲に照射することで毛の再生力を弱らせる効果があります。

 

・医療レーザー脱毛とフラッシュ脱毛の働きの違い

上記に記したようにクリニックでは医療レーザー脱毛機を使用しています。レーザー脱毛の特徴は黒色のメラニン色素に反応して熱を吸収していきます。脱毛はそれを利用して、黒い毛に熱が集まり毛根を照射し毛根細胞を破壊するというわけです。

 

一度毛根細胞を破壊すると毛が新たに生まれ無くなるのです。確実に脱毛ができるメリットがあります。

 

一方フラッシュ脱毛はもともとフォトフェイシャルという施術で使われていた美容機器を使用しています。これは毛穴を引き締めて肌を明るく、きめ細かく見せる施術ですが、毛が生えにくくなったことが確認され、サロンで脱毛機器としても使用されるようになりました。

 

なので広範囲に照射ができるのと、脱毛と同時に美容効果も期待できるというメリットがあります。

 

・脱毛期間の差

前述してきたように医療レーザー脱毛は照射力が強く、毛根細胞を破壊するので効果が出るのが早く、全身の脱毛期間は一般的に1〜2年と言われています。

 

しかし黒色のメラニン色素に反応するレーザー脱毛なので毛周期に合わせた照射が必要で2?3ヶ月の間隔をあける必要があります。

 

一方サロンで行うフラッシュ脱毛は照射力が弱いので長いところで全身脱毛期間が7年かかるところもあるようです。毛周期に合わせて2〜3ヶ月の期間をあけて照射しながら効果を待つとこれくらい長期間になる事もあるようです。

 

しかしフラッシュ脱毛は照射力が弱いのでサロンによって照射間隔をあけずに1ヶ月に一度通えるところもあります。エステ効果も考えて通うにはいいかもしれません。そのようなサロンは全身脱毛期間が4年くらいになるようです。

 

全身脱毛期間はあくまで一般論で人によって毛根の強さや毛の量も違いますのでそれによってだいぶ変わってきます。一般的に言えるのはサロンに比べてクリニックの方が短くなることは確かです。

 

・痛みの違い

効果の違いがあることからも推測されるように、痛みにも差があります。
クリニックでの医療レーザー脱毛は照射力が強いので痛みを伴います。こちらには笑気やゼリー麻酔を使って痛みを和らげて施術してくれます。

 

一方サロンでは照射力が弱い分痛みは少ないと言われています。
痛みも個人差がありますし、こちらもメラニン色素の多い毛深い場所である脇やVラインは両者ともに他の場所よりも痛みが強いと一般的に言われています。

 

ですのでサロンでは全く痛みがないわけではありませんが、痛みに弱い方はサロンの方がいいのかもしれません。

 

・まとめ

上述してきたようにクリニックで行う医療レーザー脱毛は照射力があるため効果がかなり期待できます。その代わり痛みが伴うデメリットがありすが、医師がいるため適切な麻酔も使用してもらえます。効果がある分脱毛期間は1〜2年と短くなります。

 

また大きな違いは医師がいますので皮膚が弱く、皮膚トラブルが心配な方などはクリニックのほうが診察、処方までしてもらえるので安心できるのではないでしょうか。

 

その分料金は格段に高額になります。また、医療脱毛は医療行為になりますのでクーリングオフ制度がありません。クリニックによっては独自に途中解約制度というのを設けているところもありますので心配な方はクリニックの制度をよく調べてから慎重に契約されるのがいいと思います。

 

一方サロンで行うフラッシュ脱毛は照射力が弱いため効果にかなり時間がかかるというデメリットがあります。個人差がかなりありますが全身の脱毛期間は4年、長くて7年です。

 

また、毛根細胞破壊までは出来ないので長く通ったのにまた生えてきたなんてこともあるかもしれません。しかしその分かなり安価に始めることができるというメリットがあります。

 

脇だけ試しにやってみたい、学生だけど、なんて方が手頃に始めるにはいいのかもしれません。また痛みが少ないのもメリットです。

 

あとは脱毛といえど自分の身体に関わることになります。全身ともなると両者ともお金もかなりかかります。気軽にというのもありですが、慎重にそれぞれの特徴と自分の需要に合ったものを選び後悔しない夏を迎えたいところだなと思いました。

このページの先頭へ