展示会情報

はじめに

海辺の村の誰も住んでいない“湿っ地(しめっち)屋敷”。12歳の杏奈はそこで、青い窓に閉じ込められた金髪の少女・マーニーと出会う――。

2014年夏公開のスタジオジブリ最新作「思い出のマーニー」(米林宏昌監督)。本展覧会は、その「思い出のマーニー」で美術監督を務めた種田陽平が、映画の世界を巨大空間アートで表現する体感型展覧会です。映画では、実写映画の手法を持ち込み“実在するようで実在しない”現実とファンタジーの境目を描く美術で、作品の世界に広がりと深みを与えた種田氏。本展覧会では自らが、その物語の世界を映画セットのように現実世界に表現しています。

徹底的に創り上げられた映画美術の世界や、これまでにないスケールで展示されている原画の数々を実際に目の前にし、杏奈のひと夏を、マーニーとの思い出を、肌で感じてください。